ダンロップ/スリクソン/スリクソン ZR-30 ドライバーのクチコミ評価

ダンロップ スリクソン スリクソン ZR-30 ドライバー
  • ダンロップ スリクソン スリクソン ZR-30 ドライバー

ギア情報

  • メーカー
  • ブランド
  • 価格
    73,440円(1本)
  • 公式サイト
  • スペック
    ヘッド体積:425cc
    クラブ重量:319g
    ロフト角:8.5、9.5、10.5
    クラブ長さ:45インチ
  • 商品発売日
    2008年9月13日

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    17件
  • ランキング
    226位/1546商品中
  • 累計の総合評価
    5.6
    • star7
      5件
    • star6
      6件
    • star5
      3件
    • star4
      2件
    • star3
      0件
    • star2
      1件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • 飛距離
      4.5
    • やさしさ
      3.8
    • コストパフォーマンス
      3.9
    • 打感
      4.6
    • 方向性
      4.4
    • 構えやすさ
      4.6
マイギアに登録
クチコミをする

スリクソン ZR-30 ドライバーの最新クチコミ

  • 2018/11/15(木)19:28
    5
    ロフト角「9.5°」、シャフト「オリジナルシャフト」、シャフト硬度「S」

    5年程前に使ってましたが、うまく使えずオークションに出品。それ以降大き目のヘッドはやさしいからと使っていましたが、自分の腕では掴まえきれずスライスになりがち。試しにレガシーブラックを購入すると、スライスが改善されてきました。ならばと再度ZR-30を購入。力任せに振りに行くとダメですが、力まず丁寧に振り切ると軽いドローで飛んでくれます。これに買い替えての初ラウンドでは初のOBゼロ。ベストスコア更新、初の80台♪嬉しい結果となりました。シャフトとの相性も自分のスイングに合ってるみたいです。距離は特別飛ぶとも思いませんが、230程行ってほしい所へ行ってくれるので十分です。打感、音共に気持ちよく大事に使っていきたいです。

  • 2018/9/30(日)20:57
    7
    ロフト角「10.5°」、シャフト「オリジナルシャフト」、シャフト硬度「S」

    中古にて8000円で購入。とにかくすばらしいクラブです。
    見た目、構えやすさ、打感、打音、操作性、飛距離 どれをとっても文句なくいいです。
    最新のクラブと比較しても遜色なく、915 D2を押しのけエース昇格です。
    ラウンドでの感想は、インパクトでの初速が出ている割にボールがつぶれた感覚が手に伝わり、ドローやフェードのコントロールショットも出来ます。
    シャフトも純正Sでもしっかりしており(HS43〜44程度)230Yの旗をらくらくキャリーで超えていました。澄んだ金属音を残し、伸びのある美しい放物線を描いていきます。
    ミスショットにも寛容で、下目にあたってもライナー性の球が出て、そんなに飛距離をロスしませんでした。
    やはり松山選手が長年愛用していただけあり、名器です。

  • 2016/5/9(月)08:24
    6
    ロフト角「10.5°」、シャフト「オリジナルシャフト」、シャフト硬度「S」

    かなりミーハー気分で松山君のドライバーを購入。

    エースドライバーが初代グローレなんで
    全く正反対のヘッドたが、コレは本当に良い練習になるヘッドですね。

    以前に、P-420にアッタス4Uで組んだ際には球が暴れて私には扱えず大失敗のイメージやったので今回も嫌な予感はしてたが、
    前回の反省をいかして、シャフトもクセの無いシャフトにし長さも短めに組んだら…

    コレはええなぁ〜〜!

    短めにする事で芯の狭いヘッドに対してミート率を上げれる。更に、芯で当てると強弾道で飛び出す。シャフトもクセが無いから振り切れる。三拍子揃った時には馬鹿飛びします!

    ただ、もともと芯がシビアなヘッドなだけに
    芯を外すと曲がるし飛距離ダウンが著しく出ます。この辺は初代グローレとは全く違う点ですね。※グローレは何処に当たってもほぼ曲がらないが芯を食い過ぎるとバックスピンが多く入り吹け上がる。

    スイング作りの良い練習になります。
    何と言っても振り切れるってのが1番いいね。

    お試しくださいませ。

  • 2016/4/9(土)02:27
    6
    ロフト角「9.5°」、シャフト「オリジナルシャフト」、シャフト硬度「S」

    白マナの7Sがついた綺麗な中古を見つけ、松山英樹のこだわるドライバーはどんなものなのかと興味もあり、買ってみました。

    少しフックフェースな感じがしますが、小ぶりで塊感があって構えやすく、振り抜きがいいヘッドです。またFPがかなり少なく、ロフトの見えすぎるドライバーが苦手な方は構えやすく感じると思います。
    厚みのあるバシッという音にキンッという音が混ざる感じで飛びそうな打感です。
    やはりロースピンで飛ばしやすいヘッドだと思います。白マナ7Sが低弾道ロースピンなシャフトということもあり、普段使っているドライバーよりも普通に打って700回転くらい減り、ボールが前へ前へ進みます。350tipというダンロップ仕様のシャフトが、余計に先硬のタフな仕上がりにしているのかもしれません。
    ヘッドがコンパクトでシャフトが手元調子なので、アイアンで例えるならDGがついたマッスルバックのような感じです。ある程度芯に当たらないと話にならないと思いますが、スイングを操作できる上級者にはとても心強いクラブになると思います。

    同じくらいの体積のヘッドならP-420の方が打感・顔ともに上かなと思いますが、ややフックフェース・FPが少ない顔や少し硬めの打感が好きな方、ディープすぎるヘッドが嫌いな方にはこっちのほうがいいかもしれません。

  • 2015/5/4(月)10:16
    6
    ロフト角「9.5°」、シャフト「オリジナルシャフト」、シャフト硬度「S」

    松山英樹プロの活躍から既に7年も前のモデルにもかかわらず中古で割高な価格で売っていますが、神田のヴィクトリアゴルフにて奇跡的にグリップ等もオリジナルのままの美品の試打済みクラブが、何故かこの時期に格安価格で販売されていたため衝動買いしてしまいました。

    オリジナルシャフト仕様であったため購入後にリシャフト前提でしたが、シャフト重量66グラムと意外としっかりしたもので、アフターマーケットのシャフトよりはしなりを多く感じますが、素直で振りやすいためそのまま使用しております。

    また、このモデルの一番の美点は構えた際の見え方です。ロフト9.5度ですが他の同ロフトモデルよりフェースが切り立って見え、リアルロフトに偽りがないアスリート仕様だと感じました。また、フェースのスクエア感も素晴らしく被ったり開いたりしていないニュートラルな顔付きが構えやすさに繋がっています。

    打感も柔らかくシャフトが自分にあっていてスイートスポットに当たっているからか、分厚いインパクトで球持ちが長い印象で、テクニックがある上級者はこの球持ちで球筋のコントロールが容易なのだと思います。

    飛距離性能もバカっ飛びではありませんが、以前所有していたZ525やZ725よりも飛距離が出るため、ここら辺でプロが使い続ける一因があるかもしれません。

    今シーズンに入りやっとドライバーをZ745プロトに変えたかに見えた松山英樹プロが、最近また本モデルに戻しているところを見ると、本モデルの底知れぬポテンシャルを感じます。

    現行モデルより素っ気なくデコラティブでない外観も気に入ったため、しばらく使い続けてみようと思います。

すべてのクチコミを見る (17件) クチコミをする
  1. my caddie
  2. ドライバー
  3. ダンロップ(dunlop)
  4. スリクソン
  5. ダンロップ/スリクソン/スリクソン ZR-30 ドライバーの口コミ評価
×