バルド/COMPETIZIONE/COMPETIZIONE 568ドライバーのクチコミ評価

バルド COMPETIZIONE COMPETIZIONE 568ドライバー
  • バルド COMPETIZIONE COMPETIZIONE 568ドライバー

ギア情報

  • メーカー
  • ブランド
  • 価格
    70,200円
  • 公式サイト
  • スペック
    ヘッド体積:420cc
    ヘッド重量:198〜200g
    ロフト角:8.5〜10.5°
    ※価格はヘッドのみの金額
  • 商品登録日
    2016年1月26日

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    24件
  • ランキング
    159位/1545商品中
  • 累計の総合評価
    6.3
    • star7
      14件
    • star6
      4件
    • star5
      5件
    • star4
      1件
    • star3
      0件
    • star2
      0件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • 飛距離
      4.8
    • やさしさ
      4.1
    • コストパフォーマンス
      3.6
    • 打感
      4.9
    • 方向性
      4.4
    • 構えやすさ
      4.8
マイギアに登録
クチコミをする

COMPETIZIONE 568ドライバーの最新クチコミ

  • 2021/5/28(金)23:45
    5
    ロフト角「10.5°」、シャフト「Diamana RF」、シャフト硬度「フレックス60S」

    このドライバーにしてから、2年程使い込みましたのでクチコミします。

    近年の460ccヘッドが苦手で、このドライバーの前にはツアーステージX-Drive790 D430を使用していました。

    D430も操作性が高く(裏を返すと左右どちらも行く)非常に気に入ってましたが、ずーとバルドが気になっていて中古で格安の物を発見し衝動買いしたのでレビューします。

    【飛距離】ロフトも影響してるでしょうがスピンが多いので普通かなと。

    【構え易さ】小顔の男前(変態表現でしょうか)で非常に構え易い100点

    【打感】芯とそれ以外の差が激しいです。芯で捉えるとフェースにボールが吸い付く感覚味わえます。

    【操作性】これはもう左右高低それ様に正しいスイングすれば、しっかり答えてくれる最高の操作性です。

    【やさしさ】万人受けする易しさは皆無に等しいかも。でも捕まりは良い部類と思います。

    稀に同伴者の方から、「このドライバーは難しいでしょう」と言われますが慣れとは怖いもので、近年の真っ直ぐしか行きませんと謳われたヘッドの方(特にシャローフェイス)が苦手です。

    もう古いヘッドなのですが、気に入っているので程度の良い物があればロフトが少ない方も入手して少しスピンを減らそうと目論んでおります。

  • 2021/2/12(金)23:22
    5
    ロフト角「9.5°」、シャフト「Diamana BF60」、シャフト硬度「S」

    今まで様々な地クラブ使ってみましたが、飛距離性能はダントツです。
    シャフトでさらに飛距離も伸びるかも。
    叩きにいっても左に行く時は変なスイングしてしまった時だけで、ほとんどがストレートからフェード軌道の中弾道。
    とはいえ打点はやはりシビアでちょっと外すと甲高い金属音で距離も若干ロス。
    まだ2ラウンド使用なので様子見ながらですが、暖かくなって振れるようになった時が楽しみです。

  • 2020/7/21(火)00:41
    7
    ロフト角「10.5°」、シャフト「スピーダーエボ4 661」、シャフト硬度「X」

    2ラウンド使用したので再投稿です。

    最高です。平均で20Yは確実に伸びました。若干打ち下ろしでMAX310Y行きました。方向性も段違いです。いつも一緒に回る友人からも明らかに球筋が違うと言われました。

    ベストスコアも出ていいことずくめです。進研ゼミです。


    後は新車効果でないことを祈るばかりです・・・

    過去のクチコミ
    7
    ロフト角「10.5°」、シャフト「スピーダー エボ4 661」、シャフト硬度「X」

    初投稿です。先日中古で購入しました。

    まず構え感が最高です。ゴルフ歴10年で初めて「据わりがいい」を体感出来ました。フェイスもスコアラインが多い?のかギュっと凝縮して見えてたまりません。ミルフィーユのイメージです。アドレスが決まるので余計なことを考えずにスイングが出来ます。
    今回46.5インチで長尺初体験でしたが全然イケます。むしろ自然と8〜9割のスイングになり、80〜90点の球が8〜9割で出ます(練習場のみでコースはわかりませんが)。普段OBが多いのでコースが楽しみです。

    コロナの早期収束を願っています。

    2020/4/10(金)19:42
  • 2019/2/16(土)12:55
    7
    ロフト角「10°」、シャフト「レジオフォーミュラ」、シャフト硬度「S55」

    当サイトを参考に前から気になっていました。

    今までは460ccのドライバーを何年も使っており、構えた時小さいな?とまず感じました。

    でも460は逆に大きすぎて、その他クラブとの繋がりを考えたら420でも良いかと考え直し購入。

    練習場と1ラウンドしましたが
    飛距離は伸び(気温1度でアゲてるホールも含めて)220〜250y程度。
    (下は凍っておらず、ランで稼いではいません)

    フェアウェイを外すホールが1つもなく、球も捻れずに安心して打てました。

    打感はツアーBXですが、本当に柔らかく欠点は見当たりません。

    唯一のコストですが、
    現行品新品でもその価値なりのコストですし、
    中古で良ければコストは選択できるので良いと思います。

    メジャーブランドのように毎モデル、物欲に襲われなければ、長い目でコストは低いとも思います。

  • 2018/9/4(火)07:54
    7
    ロフト角「10°」、シャフト「Basileus α」、シャフト硬度「60S」

    ヘッドの小さいドライバー(ミズノMP425+)にしたらアイアンの調子もよくなってきたことから、最近のモデルで「飛ぶ」と評判の小さめヘッドを試したくて購入しました。
    正直、飛距離には驚きました。いつも行く練習場で過去最高に飛んでるようです。ようやく、PING i25を超えるものに出会えました。ただ、いつもは中〜元調子のシャフトで、本品に挿さっていたBasileus αは飛距離重視の先中調子だからそのせいかもしれませんが(明らかに僕に合わないシャフトなので方向性はバラバラです)。
    打感は柔らかい中にも弾き感があり、とても心地よいです。ゴルフ始めた頃に使っていたTOURSTAGE X-DRIVE365を思い出しました。
    当然ですが、操作性は良いです。最近の大型ヘッドのようにフェイスの向いている方向に真っすぐ飛んでいくということは無く、プッシュ気味でもインサイドアウト軌道ならちゃんとスイングなりに戻ってきます。

    シャフトを手元にある Fire Express RB-6かMIYAZAKI Indigo72のどちらかに替えてレポしたいと思います。

すべてのクチコミを見る (24件) クチコミをする
  1. my caddie
  2. ドライバー
  3. バルド(baldo)
  4. COMPETIZIONE
  5. バルド/COMPETIZIONE/COMPETIZIONE 568ドライバーの口コミ評価
×