my caddieノート

おすすめのスライスしにくいドライバーはある?選び方はどうする?

2024/05/09 20:46
おすすめのスライスしにくいドライバーはある?選び方はどうする?

 

ドライバーのミスで多いのがスライス。誰もがスライスのスピン量を軽減させたい、できればドローを打ってみたいと思っていることでしょう。

もちろんスイングを見直すことも大事ですが、ドライバーを見直すことでスライスが軽減されることもあります。

この記事ではドライバーでスライスが出る原因、スライスしないドライバーの選び方、そしてスライスが出にくいドライバーを紹介します。

ドライバーでスライスする原因

ドライバーでスライスする原因は、インパクトの時にフェースが開いているからです。軌道がアウトサイドインになっているとボールは右に出ます。

また、仮に軌道がインサイドアウトだとしてもフェースが開いていれば、これまたボールは右に飛んで行きます。

ターゲットより左に球が出てスライスする分には、まだ打てる場所に残る確率が高いので許容範囲です。しかし、最初から右に出て、そこから更に右に曲がると隣のホールやOBになる確率が高くなるので注意が必要です。

スライスを直すにはもちろんスイングを見直すことも大事ですが、スライスを抑えてくれるようなドライバー、俗に言う「捕まる」ドライバーを選ぶことも重要です。

スライスしないドライバーの選び方とは?

スライスしないドライバーの選び方を見ていきましょう。

捕まりやすいドライバー

捕まりやすいように最初からフェース角や重心角が調整されたドライバーがあります。各メーカーによって表記は違いますが、一般的には「MAX」「D(DRAW)」と命名されている場合が多いです。

この捕まりやすいドライバーは、ドローバイアスとも言いますが、必ずドローが打てるわけではないので注意が必要です(あくまでもスライスのサイドスピン量を減らすだけ)。たた、練習を積み重ねれば自然とドローを打つことができるため、飛距離アップに繋がることは間違いありません。

ウェイト調整機能

ドライバーの中にはウェイトの位置を上下左右に変更できたり、ウェイト自体を交換できるモデルがあります。特にウェイトをヒール側に設定すると捕まりがマックスになり、スライスが抑えられます。もし、ウェイト調整機能が無ければヒール側に鉛を貼るという手もあります。

フェース角

フェース角が大きいドライバー(つまり上から見た時に被っている、フェース面が左を向いている)はスライスを抑える効果があります。最初からクローズであれば、インパクト時に少し開いたとしてもスクエアに当たってくれる可能性があります。

ロフト角

ドライバーは9度、10.5度が主流ですが、調整して11度や12度にして打つとスライスが抑えられます。その理由は、ゴルフクラブはロフト角が上がれば上がるほど左に飛びやすいからです(ショートアイアンでスライスを打つのは難しく、引っかけのミスが多い)。

ドライバーは飛ばすクラブなので9度や10.5度を使いたくなりますが、スライスをしたら飛距離ロスになるため、ロフト角を大きくしてスライスを減らす方が良いでしょう。

おすすめのスライスしにくいドライバー

スライスが出にくく、捕まりの良いドライバーを見ていきましょう。

G430 MAX 10K ドライバー(ピンゴルフ)

G430 MAX 10K ドライバーG430 MAX 10K ドライバー


「10K」は慣性モーメント(MOI)が1万を超えたという意味を表しており、思い切り吹っ飛ばせるドライバーです。

このMOIが低いとヘッドがブレてしまうのですが、MOIが高いとミスヒットをしても飛距離が落ちないで飛んでくれるという効果があります。

パラダイム Ai スモーク MAX ドライバー(キャロウェイ)

パラダイム Ai スモーク MAX ドライバーパラダイム Ai スモーク MAX ドライバー


世界中から集めた25万のスイングデータをインプットしたことで、スイング軌道やインパクトロフトを活用できる「Aiスマートフェース」が採用されているドライバーです。

標準モデルのパラダイム Ai スモーク MAX ドライバーは、打点エリアをやや大きめに設定して開発されており、色々なレベル、スイングスピードのゴルファーに幅広く対応できるようになっています。

Qi10 MAX ドライバー(テーラーメイド)

Qi10 MAX ドライバーQi10 MAX ドライバー


「やさしさの新世界基準」をモットーに、高い慣性モーメントによって寛容性の高さを実現したドライバーです。

余剰重量をヘッド前方と後方に配置することで、Qi10シリーズの中で唯一、慣性モーメントが1万を超えており、とにかく真っすぐぶっ飛ばしたい人におすすめです。

パラダイム Ai スモーク MAX D ドライバー(キャロウェイ)

パラダイム Ai スモーク MAX D ドライバーパラダイム Ai スモーク MAX D ドライバー


Dはドロー(DRAW)を表しており、より捕まりやすいドライバーです。ヒール下部やトウ上部に当たっても、最新技術によりストレートに大きく飛ぶ弾道にしてくれるので、初心者におすすめです。

ゼクシオ 13 ドライバー(ダンロップスポーツマーケティング)

ゼクシオ 13 ドライバーゼクシオ 13 ドライバー


打点位置によるインパクトを徹底的に「科学」したことで生み出されたドライバー。センターからオフセンターショット時のたわみを大きなものとした、高初速エリア拡大のためのテクノロジーが採用されています。

また、空力効果によるダウンスイング前半のヘッドのブレ抑制、インパクト時のフェース角、打点を安定させているという特徴もあります。

B3MAX D ドライバー(ブリヂストンスポーツ)

B3MAX D ドライバーB3MAX D ドライバー


B3MAXシリーズの中でも最もドローバイアスが強いドライバーです。

B3MAX独自設計のカーボンモノコックボディが余剰重量を生み出し、最大40g超のウェイトを最適な場所に配置したことで許容性が上がりました(ウェイトは外部がアルミ製、内部がタングステン製)。

ST-X 230 ドライバー(ミズノ)

ST-X 230 ドライバーST-X 230 ドライバー


ST-X 230は、X軸方向つまりヒール側にウェイトを置きつつも、トゥ側に多くのカーボンを配置することでヘッドを返しやすいドローバイアス設計になっています。

また、ミズノ独自のコアテックチャンバーや、フェースに高初速素材フォージドβチタンを採用したことで、強弾道のドライバーショットを打つことができます。

まとめ

スイング改造をしてスライスが直れば一番良いですが、時間が足りない人は上記を参考にドライバーを見直してみましょう。

また、新たなドライバーを購入しなくても、鉛を貼るだけでも変わってくるので、ぜひ試してみて下さい。

(写真:Getty Images)

  1. my caddie
  2. my caddieノート
  3. おすすめのスライスしにくいドライバーはある?選び方はどうする?
×