ダンロップ/スリクソン/Z945 アイアンのクチコミ評価一覧

ダンロップ スリクソン Z945 アイアン
  • ダンロップ スリクソン Z945 アイアン

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    25件
  • ランキング
    66位/1462商品中
  • 累計の総合評価
    5.7
    • star7
      10件
    • star6
      6件
    • star5
      2件
    • star4
      6件
    • star3
      1件
    • star2
      0件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • やさしさ
      4.1
    • 構えやすさ
      4.7
    • 操作性
      4.5
    • 打感
      4.7
    • 方向性
      4.3
    • コストパフォーマンス
      4.4
マイギアに登録
クチコミをする

Z945 アイアンのクチコミ

1〜25件/25件
  • 2022/7/9(土)08:12
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「プロジェクトX」、シャフト硬度「6.0」

    エースアイアンi210を同シャフトでラウンドして比較。
    そう簡単にエースを超えられまいと思っていましたが、試打の初ラウンドにしては意外にも良い。
    エース交代かもです。
    松山英樹プロがずっと使用していたのが、頷けます。
    見た目によらず、優しい、飛ぶ、スピンもかかる。構えた所に打ちやすい。
    軟鉄鍛造なので、打感も素晴らしい。
    z745も使用していましたが、捕まりすぎるのが気になったが、これは左に行く気配が無い。本当にすごい。
    この4シリーズは遠藤製作所が製造しているだけあって、顔がいい。

  • 2021/5/30(日)19:47
    5
    ロフト角「22.5°」、シャフト「modus 105」、シャフト硬度「S」

    だいたい一年ほど、
    Z745(NS980DST S)とZ945(modus 105 S)を併用。シャフト特性が真逆とも言えるので流石に同一ラウンド内では併用してません。
    先日Z745は売却しました。

    高トルクシャフトの影響もあるように思いますが狙いよりも左にいきがちで、OBまで出てしまうので常にストレスがありました。すごくタイミングがとりやすく振り心地は最高なのですが結果が伴わず。
    Z945はターゲットに向かって構えやすく、フェース面と手のひらがシンクロするようにアドレスからスイングにかけて感じられる。
    トップブレードの厚さ、フェース面長さの差かなと思います。
    ラフからの打ちやすさも良い。
    飛距離は-5Yだがどうでもよい。
    何せ左のミスが許容内におさまってくれる。
    トップのミスで上がりにくいのでそこはZ745よりシビアですがハザード越えでなければさほど問題なし。

    こんな具合なためスコアもZ945の方が良い。
    機会があればZ745でモーダス105を試せると良いのですが、ラフ抜けや構えやすさで軍配は変わらないと思います。

  • 2020/4/25(土)22:41
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「モーダス120」、シャフト硬度「S」

    人生初スリクソンです!
    ソケット変更のため差し戻し扱いの格安中古を発見しました、試しに打ってみて練習用にと購入しました。
    価格は7本で15000円+税!
    お値打ちですよね✨

    打感
    マッスルって感じのミスははっきり分かるがナイスショットの時は流石に気持ち良い‼️

    寛容性
    以前、一度はマッスルと今回はしたMP69と比べたら優しく感じます。100切りレベルでも、なんとか行けます。(それなりに)

    距離.高さなど
    普通にロフトなりに飛ぶし、高さも出ます。

    操作性
    スイング成りの球がてるので、良いと思う。インテンショナルは力量不足なのでコメントを控えさせて頂きます。

    総合的に良い買い物でした!
    スイングの課題がみえて練習が楽しいです!

    余談
    以前MP69の時はシャフトが同じモーダスでもXでしたが、今回はSなので一概に比較は出来ないと思うが、やっぱりシャフトの選択かクラブの選択の要だと再確認出来ました。
    見栄で125や120X、s200なと使いましたが力量的にはこのくらいかと…

    長文で失礼しました。

  • 2019/4/12(金)13:28
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「プロジェクトX」、シャフト硬度「6.5」

    中古ショップでプロジェクトX 6.5の入っているz965を見つけ試打。飛距離が伸びてる事とロングアイアンが楽に打てる事、力強いドローが打ててる事など、当初使っていた三浦技研(MB5005 Y grindに比べて)のアイアンに比べてポジティブな事が多かったので購入検討。知り合いのクラブフィッターに相談して、Z945の方がストレートネックで、プロジェクトXにするとつかまりやすくなるので、z945 の方が無難と言われ中古品を探し購入。
    コース二回回った感想ですが、かなり良い印象です。打感は流石マッスル、ミズノにはおとりますが、かなり良い打感です。芯に当たった時の音や打感はボールを潰して打ってるように感じます。弾道もシャフトの効果は高いと思いますが、力強いドローボールが出ます。弾道も高くプロの様な球が打てます。芝の抜けも良く ダフったショットは記憶になく、多少手前から入ってもソールのお陰で大きなロスなく打てている印象です。飛距離やフェイスの大きさ、トップブレードも厚めで良い意味でシビアに感じず良い印象です。打感の良いクラブの方が練習も楽しいですが、実践で飛距離がシビアだったり、ミスに弱く苦しみますが、そこを上手く補ってくれてるので、凄く良いクラブだと思います。HSが45前後以上で上手くなりたい方には最適です。

  • 2019/3/10(日)22:15
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    765からの買い替えです。買い替えの理由は低重心のアイアンが合わないため、少し高重心にしたかったため。

    私感ですが、過去打ったマッスルバックで1番優しい。優しいと思った理由は直進性。マッスルで直進性を求めることはないと考えてましたが、打ってみてびっくりしました。逆に曲げられないことはないのですが、曲がりにくいとは思いました。

    アイアンに直進性が欲しいなとは思っていましたが、マッスルでとは思っていなかったので、大変気に入っています。

    飛距離もでます。7鉄で170yくらい。765とそんなに変わってないと思います。

    スイング固めていきたい人にはおススメです!

  • 2018/10/2(火)12:14
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「X100」

    今回の8シリーズになってから、マッスルモデルだけ入ってないので、もしかして松山くんがとことんテストして、本人が使うようになったら満を持して出してくるのかなと勝手に考えている今日このごろですが、それから数えてもう2世代前になるZ945を知人から格安で譲り受けたので早速ですがラウンドに持っていきました。

    Zシリーズは、725、745、765と全て所有してきましたが、なぜか9のマッスルバックだけは持っていなかったので、タイトやミズノ、今エースのナイキと比べてどうなのかなと打ってみると・・

    今まで所有していたマッスルバックの中で、ダントツに優しいアイアンです。
    今まで優しさは、ヤマハのRMX018が一番でしたが、このアイアンはもうマッスルではなくて
    ほとんどキャビティに近いです。

    構えた感じは、ヘッドの大きさが他のブランドのマッスルバックと比べて少し大きいので、
    安心感はあります。ただ、トップブレードがほぼZ745と同じなので、一瞬キャビティバックの
    アイアンかと思うぐらいの大きさです。

    ソールの厚さも、他のマッスルと比べて若干広く、この頃から出現したVソールのおかげで、
    スパーッと振り抜ける感じがあります。

    打感は流石にマッスルバックですが、ミズノのソリッド感、ナイキやタイトのソリッドなのに
    手応えがある打感とはまたちょっと違う感じです(決して打感が悪いのではなくて、
    他のブランドの打感が圧倒的にソフトなだけです)

    操作性は、正直他ブランドのマッスルと比べて若干落ちるかもしれません。
    ただ、直進性は抜群で、マッスルバックの操作性は欲しいけど、少しオートマチックな
    感じも欲しい方には最高のアイアンかもしれません。

    寛容性に関しては、流石にキャビティみたいな優しさはありませんが、
    それでも一昔前のマッスルバックと比べたら、ミスヒットに強くなりました。

    飛距離は、もう他のマッスルバックとは5ヤード以上変わります。
    とにかく飛びます。ナイキの7番(35°)で165〜170ヤードに対して、
    このアイアンは170ヤード普通に飛びます。Z765やZ745と変わりません。

    最近、どこのメーカーも中空PXGライクなアイアンを出してきており、
    軟鉄も複合アイアンが出てきている中、操作が楽しくなるこのようなアイアンにも
    是非注目してみてください。

    本当に簡単で楽なマッスルバックなので、90ちょいでこれからもっと技術を磨いて行きたい
    方には、こういうアイアンで練習しまくってラウンドに行って欲しいですね。
    私も、マッスルバックに変えてから安定して70台がでるようになりました。

  • 2018/9/15(土)03:01
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「X100」

    スリクソンのラインナップでは、Z925と並び「名器」と言えるでしょう。バンスが特徴的でソリッドに芝を切る感覚はこのアイアンの一番の美点です。方向性、打感の柔らかさ、扱い易さはZ925と双璧をなしますが、Z925がマイルドな印象なのに対してZ945は進化したソリッドな感じがします。DGツアーイシューX100シャフトのせいかもしれませんが、スパッとターフを取る感覚はこのアイアンだけのものです。
    特徴的なバンス形状のため抜けもかなり良いです。スリクソンでは、925、945と名器と言えるアイアンが続きましたが965以降は材質や製造方法が違うのでは?と思えるほど違うかなぁといった印象です。個人的な美意識ですが、Z945の近未来的なデザインが大好きです。925、945は永く付き合っていけるアイアンだと思います。

  • 2018/2/19(月)15:38
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「N.S.MODUS 125」、シャフト硬度「X」

    個人的に総合点は高く「名器」にカテゴライズしてあげたいクラブの1つだと思っています。

    「マッスルの中では易しい部類に入る」という意味で3点。操作性は高いですが、易しい分、ピーキーというほどではありません。マッスルなので方向性は自分で責任を取れる人向けという意味で3点。購入時のライ角ロフト角がバラバラだったのでコスパ3点、という評点です。それ以外はほぼほぼ満足度の高いクラブと言えます。

    レベル的には平均スコア90台の週一ゴルファー(中級?)なら何とか使えます。でも本当のターゲットは、難しい状況でもボールを操ってスコアメークしたい平均スコア80前後のゴルファーだと思います。

    ■スペック
    【2016年】特注MODUS 125x (5i:37.75合わせ)で購入
    【2017年】MODUS 105s (5i:38.00合わせ)にリシャフト
    【2018年】ライ角 5i:61度合わせ(0.5度刻み)に調整

    ■弾道
    基本的には中弾道。スタンス中よりにセットして被せれば低弾道、左足よりに置けば高弾道も打てます。一昔前のマッスルとは比べ物にならない易しさがあります。シャフトの種類と打ち方にもよりますが、DGで上からダウンブローで叩けば低く出て最後にフワっと浮き上がるプロ球が打てます(友人)。自分は入射角が緩やかなので比較的低スピンの風に強い弾道で打てます。でもスピンもかかります。

    ■寛容さ
    横方面は中央からヒール寄りにスポットがあり、縦方面は測定数値以上に低重心です。ヘッドが返り易いので、曲げやすいクラブですが、意外とスポットは広いほうなので、90台で周れる週一ゴルファーなら十分使いこなせると思います。

    ■抜け
    流行りのバンス付で抜けはソコソコ良いと思いますが、自分のホームコースが芝つきおよび土壌が良くないので少しでもダフった瞬間にヘッドが地面に突き刺さります。気持ち分「抜けがいいかも」と思える程度と考えたほうが宜しいかと。

    ■打感
    十分マイルドで、打感フェチの方でも満足されるはずです。これより良いものもあるかもしれませんが、自分はそこまでの打感フェチではないし、こだわったところでスコアは変わらないので、と考えています。

    ■製品精度
    ・「ダンロップは各番手のスポットが合うようにCADでシッカリと設計されている」と聞きました。
    ・リシャフトの際、鉛が入っている番手がいくつかありましたので、個体ごとに1〜7g程度の誤差はあります。
    ・【ライ角】特注で納品時のスペックが下記でした。バラバラですね。ロフト角はキレイに1度ずつ寝てました。

    #5 #6 #7 #8 #9 PW
    62.5 63 63 63.8 63.5 65.5

    ■所感
    MODUS125xを挿していた時は、シャフトの硬さもありトーダウン量が少なく左に巻く球が多くありましたが、105sに変えてからは弾道が落ち着き始め、最近になってライ角を適正に直したところ、ようやく曲り幅が少ない球を打てるようになりました。特にpwのライ角がアップライトすぎたのはショックでした。ダンロップと言えども、最近の価格設定では、そこまでの精度を求めることができない、というところでしょうか。購入後はスペックを確認して、ライ角なりロフトなり修正することをお勧めしたいです。

  • 2017/1/3(火)22:42
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「S200」

    三浦技研5005と併用してますが、945の方が打感が柔らかく操作性は甲乙つけがたい。745もコースで使用しましたが、945の方が扱いやすいです。構え易く決して難しくありません。vソールは本当に振り抜きやすく90台の方なら誰でも扱えると思います。50代後半ですが、全く問題ありません。

  • 2016/9/1(木)18:12
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    MP33からの浮気心で購入しました。松山君も使ってたし。。。。
    ●良い点
    MPと比べロフト角が1度から2度立っているのと、DG200D.S.Tで振り易いのか、飛距離は伸びました。そこは慣れかと。
    通常のマッスルとは違い、相変わらずSRIXONは近未来?的なバックフェースなので、好みは分かれると思います。
    とにかく打感は良いと思います。やはり軟鉄素材のせいでしょう。MPより柔らかく感じます。
    またVソールのため、抜けは良いです。そこまで大きなソールの違いには見えませんが、安心感かな。
    相対的に、楽なマッスルですね。
    ●悪い点
    気になるのは、3番、4番を構えた時、右側のソールがはみ出して見えるのはちょっと微妙。さらにデザインチューニング使用なのに、8本並べると、柄がずれている。そこは組み立て時に気を遣って欲しかった。

  • 2016/6/28(火)15:38
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「S200」

    ○65シリーズの発売がアナウンスされ、値引きも満足のいく回答を頂けたので買ってしまいました。
    打ってみてびっくり。
    易しいです。
    716MBも所有してますが、難易度は段違い。
    芯の広さをすごく感じます。
    716MBはプレウォーンリーディングエッジと極薄ソールで抜けは抜群ですが、Z945はソール幅は716MBより厚いのにVソールの恩恵で716MBより抜け良く感じます。
    すごいですねこのソール。
    少しばかりストロングロフトな為か、716MBより飛びます。
    5番から上はタングステンが埋め込まれているので慣性モーメントも高く、716MBより明らかに易しいですよ。
    打感も良いです。
    球筋のコントロール性も高く、ただ真っ直ぐ打つだけじゃなく左右、高低を打ち分けてコースを攻略する楽しみに耽ることが出来ます。
    もちろん、キャビティアイアンよりはシビアな面もありますが、決してプロゴルファー専用という様な難しさは感じません。
    ルックスも極めてカッコよくて、キャディバッグに刺さっている様を眺めるだけで酒が進みます(^^)
    総じて、素晴らしいアイアンです。

    DGは長く使って来ましたが、ツアーイシューは初体験。
    良いですツアーイシュー。
    緻密に重量管理されているシャフトだけあって、振り易さがノーマルDGとは明らかに違いますよ。

  • 2015/9/4(金)23:49
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「NS 1050GH」、シャフト硬度「S」

    ミズノMP64からの買い替えです。
    MP64は芯をくった時の打感、打音は他のアイアンとは比べ物にならない程に
    最高のものですが、やはり90前後の腕前ではコースでは使い物にならず、
    買い替えを考え、軟鉄は外せなく皆さんの口コミを参考にZ945に決めました。
    ダンロップは初めてです。
    いいですねこのアイアン。
    MBなのにMP64より易しく感じます。ミスの許容度が(芯がひろい)おおきいのだと重います。
    ミスするとさすがに打感は悪くなるので、ミスだぞと教えてくれますが、
    ミスしてもそこそこ飛びますし、右に、左にと大きく曲がる事も減りました。
    中級者以上の方、またはスコアは別として、MBに憧れその打感を楽しみたいという方にも、いいアイアンなのではないかと思います。
    買って良かったです。

  • 2015/8/27(木)23:43
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「プロジェクトX」、シャフト硬度「6.0」

    いろんな口コミを参考にヤフオクでゲットしました。スリクソンのクラブを使用するのは初めてです。気づいた時には、BSのツアーステージXシリーズMBまたはCBを使い続けてきましたが、今回、ツアーステージが廃版になったことを機会にミズノMP-15に替えて2ラウンドしました。ところが、距離が合わない、#8以下のヘッドがちょっと大きめなので違和感が出始め、打感も想像していたより今いち・・・・・など、変わるモデルがないものかとショップでみていたらZ945が目に止まり、ヘッドは小さめで構えやすい、フェースの形も自分好み、松山プロ使用モデルということで実績も問題なし、なんて理由から使用者の皆さんの評価も上々なのでゲットしないわけにはいかず、プロジェクトX装着のモデルを選択してみました。シャフトがKBSを使用していたので、最初はタイミングを合わせてスイングしてみましたが、評判通りの打感の良さ、球の上がりやすさ、掴まりも良く、皆さんの評価の通りでした。基本的にはプロモデルですので、ミート率の高い人が使うとクラブ性能が生きてくると思います。私には#5,6の小さなフェースで構えた時の良い緊張感がたまらないですね。やはり、MBは良いです。コースデビューは未定ですが、本日、筆おろしした感想です。長い友達になりそうです。

  • 2015/8/27(木)00:16
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「S200」

    Z925からの乗り換えです。
    925に比べ、打感・弾道ともに悪くなりましたが、打ち損ないでもそこそこ飛ぶ許容さがあります。
    Vソールのお陰もあり、コースでのダフリがほぼなくなりました。
    簡単なマッスルバックをお使いになりたい方にオススメです!

  • 2015/6/10(水)08:58
    7
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    やさしくする為に少しヘッドの大きなMP15を使ってましたが、フェードが上手く扱えず、左に出したまま更にひっかける事が多く、試しに小振りヘッドに戻そうと検討してました。

    そこで色々と検討し試打していくうちに、Z925、Z945、impressの藤田マッスルが候補に残りました。理由は、小振りの中でも難しい過ぎないマッスル!と言う事で…

    全て左に出して戻ってくる強いフェードが打てており、数十球打っても1発も引っ掛けフックが出ないのには驚きました。そんなにヘッドで変わるんだと…

    マッスルは難しいは、先入観でしたね。打てるマッスルもあると。
    ※タイト714MBは打ちましたがつかまったフェードは打てませんでした。MP69も…

    どれも甲乙つけがたいのですが、スリクソンはDTSのシャフトが入っており、これがけっこういいんですいよね〜。

    打感は、藤田マッスルが一番好きで、後はイコール。
    ただ、ソール形状の恩恵?!かで945は抜けが良い。気分の問題?!

    新品でもスリクソンは安めの設定なので本当にコストパフォーマンス抜群ですね。

    松山君が使っているという事もあり、今は945が変更最有力かな?!
    925も中古でこなれた価格なので捨てがたいが…
    個人的には、925も945も見た目だけの差しか感じませんでしたが
    コースに行くとソールが効いてくるとも言われているので
    これをどう考えるか。
    構えた感じは、フェースがサテンの945が軍配なのでこれも最有力の理由。

    もう少し検討してみたいと思います。

  • 2015/6/3(水)23:44
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    ミズノMP-68からの買い替えです。
    サテンとミラーの複合がかっこいいと思い購入しました。所有の喜びはあります。最初、トップエッジが少し厚いのが気になっていましたが、慣れたのか最近気にならなくなりました。
    ソールのVカットで抜けがよく、D.S.Tのシャフトで軽く感じ、さらにCB並のスイートスポットになったためか、飛距離が伸び、かつ、ものすごく簡単になった印象です。その代り、距離のバラツキが大きくなったように感じます。
    スイートスポットを広くなったのはいいのですが、その代りにMP-68で芯を食ったときの気持ちいい感覚を味わったことがありません。ハーフトップしたときでも、ん?失敗したはずだけど・・・と思うくらい普通に飛んでいきます。手の感触/打音と打球が異なるのでちょっと違和感あります。
    方向性については、つかまり系なのか普通に打つとドローになります。そのためか、フェードは少しかかりにくいように感じます。

  • 2015/4/16(木)19:51
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    打感
    良いです。925の方が良かったかも。
    操作性
    良好です。
    ミスの許容度
    やはりシビアです。球は意外に良く上がります。
    飛距離
    意外に飛びます。
    感想
    自分の技量にはあいませんが、マッスルバックが好きで買ってしまいました。
    よほど調子良くないと競技では使えそうにありませんが、持ってるだけで幸せです。
    前作の925の方が良かった部分もありますが、カッコはいいです。自己満足ですね。

  • 2015/3/17(火)09:50
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「S200」

    Z745も所有していますが、沖縄でラウンドした際、8番以下の番手ぢ地面とのソールコンタクト時に弾かれるイメージが出てしまい、ソールの幅が気になり出し、勢いで945に手を出してしまいました。
    まずZ725と945は同じようなソール幅で、お助け度合いは745より劣りますが、これ位が僕には丁度良いです。5、6番は3-5ヤードほど745に比べて飛距離は落ちますが、あとはほぼ同じ。左を怖がらず振れるので、出玉の安定感は945です。あと、見た目以上に球は上がりやすい。特に4、5番。一方で当然ですがミスへの寛容性は745より低くトゥヒットは弱く、ヒール目に強い感じです。925乗り換えだと、トップラインの厚みが気になるかも。725からの乗り換えは945も候補にいれても違和感ないと思いますよ。

  • 2015/1/25(日)11:55
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    Z925からの買換えです。

    まずはデザインがシンプルになり好感。

    925も扱い易かったですが、スピンの効いた弾道と芯を食った時の打感はそのままに、ヘッドが少し大きく厚くなりミスに寛容になっています。
    ダウンブローに打てば美しい弾道で、堅く速いグリーンが売りのコースでもしっかりグリーンを捉えてくれました。

    私は打込む方なので、不思議と745より945の方が打ち易く感じます。745検討中の方がいらっしゃれば945の試打も是非お勧めします。

    このアイアンで今年こそAV85切りを達成したいと思います。

  • 2014/12/28(日)11:04
    4
    ロフト角「22.5°」、シャフト「プロジェクトX5.5」、シャフト硬度「S200」

    Z725からの買い替えです。見た目のシャープさとスリクソンの松山英樹プロ使用のマッスルバックを一度使ってみたいと言う願望から購入しました。
    打感は芯を捕らえた時は、柔らかく玉を潰すような気持ちの良い打感で玉が上がってくれます。
    構えた感じはトップブレードが少し厚く感じますが、逆にある意味安心感があって良いと思います。気になる程度ではないと思います。(個人的意見ですが…)
    でも、やっぱりマッスルバックです!ミスヒットには、しっかり反応しますので距離は出ませんがゴルフが好きで向上心のある中級者以上の方には、やる気を起こして楽しいアイアンだと思います。
    補足ですがZ725でダイナミックゴールドDSTのS200を使っていたので前々から気になっていたプロジェクトX5.5を挿してみたところS200より若干軽くて振りやすいです。最初ステップが無い違和感は有りましたが慣れれば何て事ないです。

  • 2014/11/27(木)23:54
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド ツアーイシュー」、シャフト硬度「S200」

    BS 709MCからの買い換えしました。まだ練習場での試し打ちですが、まず打感が最高に気持ちが良いです。吸い付くし、コースボール打ったらどうなるのかコースにいくのが待ち遠しいです。
    約20年ぶりにシャフトをDGs200にしてみましたが、違和感なく打つことができました。今まで日本シャフトできていたのですが、やっぱりボールの飛び方が違う気がします。
    また、このアイアンはとにかく球があがりますね。上がりすぎ!?な感があります。打ち方なのでしょうか、シャフト、ヘッド形状のせいなのかもです。
    方向性はBS709MCのときはやや引っかけ気味だったものがZ945は捕まりすぎず、やや飛球線より右目に出ていく感じです。そこから軽くドロー目に飛んでいってくれます。
    ソール形状が本番でどんな結果をもたらしてくれるか楽しみなアイアンに巡りあってしまいました❗

  • 2014/11/1(土)21:49
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    BS709MCからの買いかえです。
    ショップで見て一目惚れして買いました。特に709MCに不満は無かったのですが、945にはかないませんでした。
    打った感想は、普通に打てば軽いフェードボール。捕まえにいって綺麗なストレートボール。距離も出ます。709MCで8番150ヤードだったのですが
    945だと155〜160ヤード。左を気にしないで打てるので気持ち良く打てます。DSTシャフトですが、普通のDGとは若干違います。先が少し動きます。
    DGに慣れた人なら違和感があります。
    モーダス120に似てますが、私は、DSTの方が捕まる感じがします。少し慣れが必要かな?でも、DGが少しハードに感じてきた方には良いと思います。あと、5番、6番がとても打ち易く感じました。タングステンウェイトのお陰でしょうか?

  • 2014/10/11(土)02:23
    5
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    現在スリクソンZ925を使用しています、ショップで試打してみたので自分なりの感想を書かせてもらいます。

    まずヘッド形状について、バックフェースのデザインはシャープなイメージを与えるものですが、構えた時に見えるヘッド形状は、かなりぽっちゃりとしています、トップブレードも分厚くネックのグース度も大きく見えますし全体的にヘッドが大きい印象です。
    実際の大きさはZ925と変わりませんが見た目の印象はかなり違います。

    ソール形状はスリクソンの伝統(?)であったVソールが復活、自分はこのソール形状をとても信頼していたのですが、Z925ではこのVソールが無くなっていたので購入時はかなり不安に思ったことが思いだされました。

    試打してみると、打感についてはZ925と比較して柔らかさはあまり変わらないように思いますが厚みが増したように感じました、見た目の影響かもしれませんが。
    それと、とても易しく感じます、感じるだけですよ!実際にコースで使わなければわかりませんから!ただアドレスしてからなんの不安もなくテークバックに入れましたので。

    最後にZ925とZ945の大きな違いは8番9番ピッチングのトップラインの形状です、925は直線的でしたが945は丸くなっております。

    945になって全く別物と言えるほどに変わりました、自分が好きになる要素が沢山盛り込まれていて直ぐにでも買ってしまいそうになりましたが、皆さんのクチコミをもう少し見てから判断しようと思っていますのでヨロシクお願いします。

  • 2014/9/29(月)23:32
    3
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド」、シャフト硬度「S200」

    ゴルフショップの店内でDANLOP試打会を行っていたので試打(7I)しました。
    普段は、「inpresX V TOURMODEL(2012)/PROJECT-X 5.0」を使用しています。また、以前「ZR-30/DG-S200」を使用していましたので、その比較です。
    ちなみに、私は店内試打が苦手な方です。
    ■構えた感じ
     思ったよりヘッドが大きく感じたせいか、少し構えにくかったです。ちょっとアップライト?かなとも感じました。構えやすさは、ZR-30>inpresX>>Z745。
    ■打ってみて
     普段、普通に打つと軽いドローなので、いつも通り軽いドローを打とうと思いましたがうまくつかまりません。一方、フェードを打とうとすると比較的強い球が打てました。つかまりやすさは、inpresX>ZR-30>Z745.
     方向性は、店内の為はっきりわかりませんがつかまりが悪い割には方向性は安定しており、特にフェードではほぼ狙ったとおりに打てました。方向性は、inpresX>Z745>ZR-30.
     打感は、シャフトの影響もありますが、ZR-30>inpresX>Z745。
     飛距離は、つかまりが悪いのにZ745はいつもより約10Y飛んでいました。ロフトの影響も多少あるかもしれません、Z745>inpresX=ZR-30 です。

    また、DG-DSTシャフトも試打しましたが、少しタイミングがとりにくく、私にはDGの方が打ちやすく感じました。
    ドライバーも含め、Zシリーズは左に行きにくいクラブと思いますので、普段から左へのミスが気になる方にはよいのではないかと思います。私の場合は、うまく捕まえることができませんでしたので良い評価をつけませんでしたが、うまく捕まえられれば、もっと良い評価になりそうなクラブと感じました。

  • 2014/9/29(月)21:58
    6
    ロフト角「22.5°」、シャフト「ダイナミックゴールド DST」、シャフト硬度「S200」

    ご存知、松山プロ使用のアイアン!という事で知人のを拝借して打ってみました。
    構えると、フェース小さいなぁ〜当たるかな〜?という印象でしたが、実際打つと、「あれ?意外と当たる」「抜けが良い」「打感も◎」「方向性◎」という印象でした。
    確かにポケキャビに比べると飛距離は△5ydですが、いっこ前のZ725と同じ位のレベル、しかも抜けの良さから5I以上ではむしろポケキャビより飛びます。(私の腕のせいか!?)

    私は左右の打ち分けは出来ないので、良く解りませんが、ストレートに打ってミスヒットさえしなければ、同じ方向に同じ飛距離で同じ所に置く事が出来ます。(練習場限定かも?)

    松山プロ使用、MB、スリクソンだゼ!といった所有欲と、見た目ほど難しくないという実益を求める方にお薦めのクラブです。

1〜25件/25件
  1. my caddie
  2. アイアン
  3. ダンロップ(dunlop)
  4. スリクソン
  5. ダンロップ/スリクソン/Z945 アイアンの口コミ評価一覧
×