頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
クチコミする

ドライバーのランキング ] 

テーラーメイドゴルフ、SIM MAX ドライバーの評価

SIM MAX ドライバーについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー テーラーメイドゴルフ
ブランド SIM MAX
商品名 SIM MAX ドライバー (4件)
価格 80,300円〜
公式ページ https://www.taylormadegolf.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.8点
ランキング
最近180日間
25位/1354商品中
スペック ヘッド体積:460cc
クラブ重量:294g(TENSEI BLUE TM50/R)
ロフト角:9、10.5、12°
クラブ長さ:45.25、45.75インチ
商品登録日 2020年1月9日(木)

クチコミする!

SIM MAX ドライバー
カテゴリー別評価
飛距離4.5点
やさしさ4.5点
コストパフォーマンス3.5点
打感4点
方向性4.5点
構えやすさ4.8点

SIM MAX ドライバーのクチコミ一覧

1〜4件/4件

Par三郎(17)
年齢:52歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:1

2020/1/20 (月) 7:03 NEW
point

ロフト角「9°」、 シャフト「Tour AD XC-6」、 シャフト硬度「S」

SIMと両方試打しましたが、見た目も性能もほとんど変わらない印象です。
ウェイト調整がありか無しの差くらいですね。
気持ちSIMよりもヘッドスピードが平均値で上がってました
しかし球筋は明らかにMAXの方がばらつきがなく安定していました。
個人的にはUSモデルMAX Dタイプにテンセイ CK PROオレンジ60Xを挿してみたいなと思いました。

まっちー(113)
年齢:43歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:2

2020/1/19 (日) 22:48 NEW
point

ロフト角「9°」、 シャフト「TENSEI BLUE TM50」、 シャフト硬度「S」

こちら残念ながらブルーのノーマルシャフトでしか打てなかったのでそれが原因と思われる低評価となりました。
シャフトがかなり柔らかくてタイミングがあまり合わない感じでスピン量が増してあまりクラブの良さが感じられませんでした。打感は悪くないです。

結果ですが、旧M 6からの流れでMAXしか考えてませんでしたがシャフトがノーマルしか試せずイマイチな結果となったのと、simの方がカスタムシャフトで試せたのもあり大変安定した結果が得られ現状でいうとsimの方に軍配があがりました。

今回はsimとsimmaxで見た目もあまり違わず違いも今のところあまり感じられませんでした。前ほど両者の棲み分けがはっきりしなくなったように思いました。

910(36)
年齢:42歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:0

2020/1/19 (日) 16:41 NEW
point

ロフト角「9°」、 シャフト「TENSEI BLUE TM50」、 シャフト硬度「S」

ゴルフパートナーの練習場で試し打ちしてきました。

SIMは少し洋ナシ型ですが、SIMMAXはMAX感があり、形は少し違います。

9度でも弾道が中高弾道になるので、少しスピン量が増える感じがします。

ちょうどよいスピン量という感じです。これはシャフトでかなり変わりそう。


私は頑固なスライサーなので、長年テーラーメイドはスライスしか出ないので
あきらめていました。

しかしこのSIMMAXはカチャカチャでアップライトにするとライ角が60度になり
打ってみるとあら不思議しっかりつかまりました。

ヘッドスピードは出ますが、平均飛距離が上がったという感じです。
爆発的飛距離にはなりません。

MAXでシャフトがてんせいのシルバー入れるとよい感じかなと思います。
ちょっとブルーは柔らかすぎ

けいじまん(39)
年齢:38歳
性別:男性
ゴルフ歴:4年〜5年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:2か月に1回程度

参考になったポイント:8

2020/1/17 (金) 21:44
point

ロフト角「9°」、 シャフト「TENSEI BLUE TM50」、 シャフト硬度「S」

試打第一号させて頂きました。ご厚意で初めてデータを見るとの事で、
比較の為、全部打ちさせてもらいました。SIM2種類、MAVRIK3種類。自分のG410LSTと比べて感じた事を記載させて頂きます。

結論的に、メーカーを本気にさせたら怖いというのを感じてしまいました。2019年に取られたシェアを本気で取り返しに来ている感じです。
そして、購買意欲をそそられたのはSIMMAX(M6後継)、MAVRIKノーマル。自分にとっては衝撃です。2020年はこの2モデルが2強になる気配をひしひしと感じました。

SIMMAXに話を戻し、とにかく打っていて楽しい。それに尽きます。ドローが打ちやすく、逃げる感触がありません。また、打感が200%増しで柔らかくなっていました。振動が少なく、今までM5、M6で苦手であった硬質な打感が完全に取り除かれていました。

尚、SIMMAXもSIMも上からの顔が非常に似ています。M5ツアーのような顔を
していて、左右非対称の顔に難しさを感じましたが、打つと気になりません。むしろ間違いなくSIMMAXは、とにかくダウンスイングからヘッドが閉じる方向にビシッと旋回してくるのを感じました。

平均試打時のヘッドスピード44.5、スピン量2200rpm〜2400rpm、総距離260〜270。現状はG410LSTで総距離は変わりませんが、優しさと安定感が半端ない感じでした。

是非、ラウンドで使ってみたいと思いました。

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop