急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ドライバーのランキング ] 

ピンゴルフ、G410 LST ドライバーの評価

G410 LST ドライバーについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー ピンゴルフ
ブランド G410
商品名 G410 LST ドライバー (50件)
価格 75,900円〜
公式ページ https://clubping.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.9点
ランキング
最近180日間
14位/1297商品中
スペック ヘッド体積:450cc
クラブ重量:305g
ロフト角:9°、10.5°
クラブ長さ:45.75インチ
商品登録日 2019年5月24日(金)

クチコミする!

G410 LST ドライバー
カテゴリー別評価
飛距離4.6点
やさしさ4.3点
コストパフォーマンス4.3点
打感4点
方向性4.6点
構えやすさ4.3点

G410 LST ドライバーのクチコミ一覧

1〜5件/50件

会長(13)
年齢:36歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80未満
平均ラウンド数:2か月に1回程度

参考になったポイント:1

2020/9/4 (金) 11:28
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「ALTA J CB」、 シャフト硬度「S」

G425 LST 10.5°Alta J CB SLATEを試打しました。(G425欄がないため、こちらに記入しました。
当方、G410 LST 9° Alta J CB Redを使用しており、それとの比較となります。

・可変ウエイト稼働範囲が狭くなりました。(ウエイトが重くなった?からか?)
・スリーブはG410と互換性があり、ありがたい。
・グリップエンドにARCCOSセンサーがついており、アプリをダウンロードし、使用すると、
 飛んだ方向と飛距離が分かる、という太っ腹な機能。
 (個人的にはあまりラウンドしないので不要。。。)

ヘッドですが、
・上からみると明らかに一回り小さく見える。
・そしてフェイス角がフック目になっている。

試打感想ですが、
・G410と比較し、やはり捕まるように設計している印象。
・音は少しだけG400FWの「あの音」に近づいた印象だが、特に悪い感覚は持たない。
・ボール初速、スピン量は(弾道測定器を持ち出し、野外で試打しましたが、)
 私の技量では同じ結果しかでませんでした。
・シャフトのしなり具合はREDと同じですが、
 (センサーがグリップについているせいか、カウンターバランスのおかげで)軽い印象。

ネーミング(G425、シブコ)といい、ヘッド、シャフト設計といい、
今回は日本マーケットをかなり意識したのかな(?)。


G410で捕まらない方で、まっすぐ打ってみたい方はお試しあれ。
(私は捕まらないヘッドが好きなのでパスするかも。。)

アンクルA(1)
年齢:53歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:0

2020/8/23 (日) 14:05
point

ロフト角「9°」、 シャフト「65」、 シャフト硬度「X」

当方、キャラウェイXHOT2からの買い替えでM1も、使いましたがしっくりこなくて、ゴルフショップでピンのフィッターの方と話しててG410LST試打して決めましたツアーシャフトもしっかりしていて飛距離も伸びました
アベレージ300ヤード程です
ヘッドスピードがあら方ならおすすめですね

ちまお(7)
年齢:52歳
性別:男性
ゴルフ歴:16年〜20年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80未満
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:2

2020/8/19 (水) 13:30
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「TOUR173-65」、 シャフト硬度「X」

テーラーメイドM6からのチェンジです。
M6も方向性・飛距離共に満足でしたが若干イメージより高弾道になりがちだという事と、高弾道なだけに風がアゲている際にデリケートさを要求される事に悩んでいたところにG410 LST打ってみたらと知人の勧めで試打してみました。

結果、即買いです。

明らかに同じロフト(10.5度)でスピン量の少ない中弾道に変化しました。逆に高めの球が打ちたい時だけ操作すればよいのでミスを大幅に減らす事が出来ました。

キャリーの距離は短くなりましたが総ディスタンスで10ヤード前後伸びていると思われると共に、フルチタンの打感・打音は爽快そのものです!
PULSも打ちましたが、特有の高音に馴染める自信が無かったこととM6との差があまり感じない事からLSTの決め手となりました。

つかまりが良いヘッドではありませんので、ヘッド後方にある鉛をドローポジションにしたところ打音が急激によくなり且つ、つかまりが多少良くなり大きめのフェードからストレートに近いフェードに変化しました。ちなみにM6ではストレートに近いドローボールを打っておりました。

とにかく打感・打音がすこぶる良いところ、中弾道に変化した事による飛距離が伸びた事、アゲ風の時の対処がいらない事と良い事ずくめで満足のいくクラブチェンジとなりました。

TOUR173−65Xも良いシャフトだと思いますが、少し重量が軽かった事とトルクが邪魔に感じ、シャフトはM6で使用していたKUROKAGE60Xへチェンジした結果です。

スライスが強い方、球が低めの方、スピン量の少ない方にはオススメ出来ませんが、私と同じ悩みを持った方、左へのミスを嫌がる方には大いにオススメしたいと思います!

tsuyosi(2)
年齢:50歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:4

2020/7/19 (日) 20:33
point

ロフト角「9°」、 シャフト「TENSEI CK Pro Orange」、 シャフト硬度「S」

まず、飽きのこないフォルムと色あいが好きです。そして打感が私は好きです。なぜか振ると芯に当たり、だいたいそこら辺には飛んで行く。
そしてテンセイが素晴らしくヘッドとのバランスが良くとても素直です。飛距離もまずまずありますが安定感が一番です。コスパ最高ドライバーです。

安コット(10)
年齢:41歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:週2以上!

参考になったポイント:7

2020/7/11 (土) 1:44
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「Tour173-65」、 シャフト硬度「S」

中古ショップのサイトで、安くなっている新古品を偶然発見し、クチコミや試打ブログでの評判の良さから、試打もせずに購入。

評判どおり、曲がらずに直線的に飛んでいきます。打音もG410PLUSと比べると大分静かで、金属バットのような音まではせずに、少し弾いてるかなという程度で、逆にこの位の音量のが良いという人も多いのでは。

肝心の飛距離はエースのバルド神風420程ではないものの、曲がり辛さも考慮すれば、フェアウェイキープ率も上がり、かなり扱い易いドライバーです。

低スピンモデルということもあり、購入時に-1.5度にセットされていることに気付かずに練習場で打っていた時には、上がりずらさを幾分か感じたので、普段から球が上がる人以外は、10.5度のがよろしいかと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop